ニュース

東京eスポーツゲート株式会社:戦略事業パートナーから約3億円の資金調達を実施

東京タワーを拠点に、esports を軸としたエンタメ領域でリアル×デジタルがシンクロする事業を展開する東京eスポーツゲート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原 康雄 以下、TEG)は、
日本たばこ産業株式会社、株式会社Robot Home、プロパティエージェント株式会社、株式会社メディアクリエイトコミュニケーションズ、Gushcloud International Ventures Pte. Ltd、他数社を引受先とする第三者割当増資を実施し、
現時点で約3億円(資本準備金含む)の資金調達をいたしました

この度の資金調達を通じて引受先各社と事業シナジーを創出し、日本のesportsカルチャーの発展に貢献してまいります

配信元:東京eスポーツゲート株式会社 (2021/10/27)
【当社の事業について】
TEGは、「NEXT JAPANの、発信源へ。」をスローガンに、日本のesportsカルチャーを牽引し、世界に向けて存在感を放つブランドとなることを目指しています

東京タワー直下の東京タワーフットタウンビル(1階/3階/4階/5階)に、2022年4月開業を予定している「RED°TOKYO TOWER(レッド トーキョータワー)」施設開発を皮切りに、日本各地で併せてesportsを軸としたエンタメ領域で多角的に事業を展開

日本と世界、リアルとデジタル、発見と熱狂をクロスオーバーさせながら、ライフスタイルを拡張する多様な体験を創出することで、esports市場を牽引する新たな“GATE”となります

<リアルプラットフォーム事業>
TOKYO/JAPANのシンボルである「東京タワー」という立地を活かし、コアなesportsファン層だけでなく、「最新トレンドに敏感な10代後半から30歳前半の男女」を主なターゲットとし、最新ゲームタイトルの体験エリアや、esportsの大会、音楽ライブ、ファッションショーなど、さまざまなライブエンターテインメントを実施する「RED゜TOKYO TOWER SKY STADIUM」、配信スタジオ、ショップなどを展開します

さらに東京タワーから地方へと範囲を拡大し、日本各地のesports施設やイベント、カテゴリー特化型の小規模施設などもプロデュースしていきます

<デジタルプラットフォーム事業>
リアル、デジタルがOMOモデルで相互連動したデジタルプラットフォームを構築

リアルからデジタルへと体験を拡張し、「配信、EC(コラボ商品、オンラインガチャ、NFT)、ブロックチェーンを活用したトークンエコノミー、ゲーム」などのデジタルコンテンツを提供するメディア事業なども展開する事で、「RED゜TOKYO TOWER」に中々足を運べないお客様へも熱狂をお届けします

<イベント・コンテンツ事業>
esportsを軸に、ソーシャルゲーム・ホビーゲーム・音楽・アニメなど親和性の高いエンターテイメントのイベントをRED゜TOKYO TOWERを中心に展開

さらに、施設内でのイベントだけでなくXR等の最新技術を組み合わせた配信や、デジタルプラットフォーム、リアル×デジタルなど、ジャンルに囚われないイベントを開催します

また、ジャパンエンタメを扱うメディアや、ストリーマーを抱える事務所、パーク内に出展頂くIPとの連携により、常に旬でココにしかないコンテンツを展開します

【今回の調達の目的と今後の予定】
今回の資金調達では、国内外のesports/エンタメの最先端を感じられる今までにないコンテンツの提供を届けるため、さらには市場の成長が著しいesports領域においてその成長を牽引できる拠点となることを目指し、「RED°TOKYO TOWER」施設開発およびデジタルプラットフォーム構築の基盤整備の開発費用として活用してまいります

また、今後の調達予定としましては、リアルプラットフォーム、デジタルプラットフォーム、イベント・コンテンツ各事業の垂直立上げに向け、以下の資金調達を予定しております

<リアルプラットフォーム事業>
東京タワーフットタウン内で2022年4月に開業する「RED°TOKYO TOWER」の施設開発における総事業費に関しましては、別途SPCを設立し金融機関および匿名組合出資者を募り、引き続き資金調達を行ってまいります

<デジタルプラットフォーム事業、イベント・コンテンツ事業>
「RED°TOKYO TOWER」開業に合わせた事業立ち上げの資金調達を実施する予定です。

<当施設の詳細は公式サイトをご覧ください>
 https://red-esports.jp/

【引受先各社のコメント】
<日本たばこ産業株式会社 事業推進担当部長 藤原 卓 様>
私たちは、「ひとのときを、想う。」という企業思想のもと、これまでも多くの方が趣味や好きなことに熱中する時間を支える活動をして参りました
東京eスポーツゲートにおけるプラットフォームにおいても、お客様やクリエイター、多様な企業とともに心豊かな”ひととき”を過ごすための空間やサービスを創り出すことが期待できると考えています

<株式会社Robot Home 代表取締役CEO 古木 大咲 様>
弊社は、「住まいのテクノロジーで、世界を変える。」という理念のもと、これまで不動産開発の分野で様々なソリューションを提供して参りました
それらを東京eスポーツゲートのプラットフォームに提供させて頂くことで、日本、ひいては世界のesportsカルチャーを変えていく「RED°TOKYO TOWER」を舞台に、テクノロジーを通じた双方のシナジー創出が期待できると考えております

<プロパティエージェント株式会社 代表取締役社長 中西 聖 様>
子会社のDXYZ株式会社が提供するFreeiDの顔認証プラットフォームをesportsパーク内での本人認証に採用することで、入退場含め様々なシーンで顔認証を利用できるようになり、RED゜TOKYO TOWERに来場されるお客様に新たなUX体験をご提供できる点において双方のシナジー発揮を期待できると考えております

<株式会社メディアクリエイトコミュニケーションズ 代表取締役 久保田 一史 様>
弊社が展開するキッズプログラミングスクールSwitch事業と東京eスポーツゲートにおけるエデュケーションプログラムとのシナジー効果により、DX領域での新たなKids関連事業並びにプログラミング教育コンテンツ事業を強力に推進していけると考えています

<Gushcloud International Ventures Pte. Ltd>
ALTHEA LIM Co-Founder, Chief Executive Officer
“We are excited about the opportunity that TOKYO ESPORTS GATE, Inc. (TEG) presents – the commitment to bring gaming to another level in Asia. At Gushcloud, we are bullish about the potential of Esports globally and are committed to create sustainable careers for the gamers signed to us. We hope to work closely with TEG, all supporting partners and brand partners to create larger brand opportunities for us all.”
我々は、東京eスポーツゲート(TEG)が提供する機会に興奮しています
これは、アジアでゲームを新たなレベルに引き上げるというコミットメントです
Gushcloudでは、eスポーツの世界的な可能性に自信を持っており、私たちと契約したゲーマーたちに持続可能なキャリアを築くことを約束します
私たちは、TEG、すべてのサポートパートナー、ブランドパートナーと密接に協力し、私たち全員にとってより大きなブランドとなる機会を作りたいと考えています

【東京eスポーツゲート株式会社について】
東京eスポーツゲート(TEG)は、TOKYO/JAPANのアイコンである東京タワーを拠点に、esportsを軸としたエンタメ領域でリアル×デジタルがシンクロする事業を展開し、国内のesports市場の拡大を牽引することを目指します

日本と世界、発見と熱狂をクロスオーバーさせながら、ライフスタイルを拡張する多様な体験を創出する新たな”GATE”となる、その想いを社名に込め2020年12月に設立いたしました

会社名: 東京eスポーツゲート株式会社(TOKYO ESPORTS GATE, Inc.)
代表取締役社長: 原 康雄
所在地: 東京都港区芝公園4-2-8 日本電波塔ビルディング4階
設立日: 2020年12月8日
資本金: 3億1,000万円(資本準備金含む)
事業内容: リアルプラットフォーム事業、デジタルプラットフォーム事業、イベント事業、
コンサルティング事業

<公式サイト>
 https://tokyo-esports-gate.co.jp/