ニュース

PUBG MOBILE:2022年開催予定の 第19回アジア競技大会 esports種目に採用!

PUBG JAPAN株式会社(東京都渋谷区渋谷1-3-15 BIZCORE渋谷 8F 代表取締役 キム・チャンハン)は、
PUBG Studioの『PUBG MOBILE』が2022年に開催される予定の
第19回アジア競技大会のesports種目に採用されたことお知らせいたします

配信元:PUBG JAPAN株式会社 (2021/11/09)
アジアオリンピック評議会は、PUBG Mobile Asian Games Versionを始めとするLeague of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)、Arena of Valor Asian Games Version(伝説対決 -Arena of Valor-)、EA SPORTS FIFA branded soccer games、Dota 2、HearthStone(ハースストーン)、Street Fighter V(ストリートファイターV)、Dream Three Kingdoms 2など、合計8種のゲームを正式種目として採用いたしました

「PUBG MOBILE」は2018年のリリース以降、グローバルesportsを開催し、14の新しいリーグと1,500万ドル規模の賞金総額となり、全世界でもトップクラスのモバイルesportsとして邁進しております

来年度9月10日から25日まで開催予定の本競技大会を通じて、更なるesportsの活性化に繋げる予定です

また、今回のアジア競技大会では、KRAFTONが新たに開発した「PUBG MOBILE Asian Games Version」を披露する予定で、全世界の選手及びファンは本バージョンを先行体験できます。また、インド地域におきましても『BATTLEGROUNDS MOBILE INDIA』を通じて上記のバージョンのサービスを予定しております

詳しいリリース日程などについては、後日公開予定です

今回の大会を記念して、弊社の代表として2人のコメントを掲載いたします

【KRAFTON PUBG MOBILE戦略マーケティング室長 イ・ミンウ】
「アジアの方々にとっての交流の場となる第19回アジア競技大会の正式種目としてPUBG MOBILEが選ばれて嬉しく思います
BATTLEGROUNDS IPで開発された、アジアゲームのための特別なバージョンを通じて、グローバルファンや選手がひとつになれることを願っています」

【KRAFTON JAPAN PUBG MOBILE室長 田中 隆一】
「このような名誉のある舞台に『PUBG MOBILE』が正式種目として採用されたことをとても嬉しく感じております
日本市場において「PUBG MOBILE」は、2021年に国内最大規模のプロリーグをスタートさせることができました
アジア全体の素晴らしい選手が集う本競技大会が、日本のみならず、アジア全体のeSportsファンに刺激的な体験をもたらせるものになるものと期待しております」

【『PUBG MOBILE』ゲーム概要】
『PUBG MOBILE』は最大100人のプレイヤーが、マップ内にある装備などを駆使して”最後の1人”になるまで生き抜くバトルロイヤルゲームです

プレイヤーは段々狭くなる安全地帯内で、ランダムに配置されている武器や車両、装備アイテムを駆使して生存競争に臨みます

最後の1人まで生き残ったプレイヤーの画面には「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」というメッセージが表示されるため、プレイヤーは「ドン勝」を目指して戦います

日本では2018年5月16日(水)にサービスを開始し、全世界10億ダウンロードを突破いたしました

タイトル PUBG MOBILE
ジャンル バトルロイヤルシューター
対応機種 iOS(iPhone、iPad)/Android
価格 基本プレイ無料(アプリ内課金あり)

公式サイト https://pubgmobile.jp
公式Twitter https://twitter.com/PUBGMOBILE_JP
-----
(C)2021 KRAFTON, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.