ニュース

リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト とWild Rift Esportsのワールドワイド・ファウンディングパートナーにコカ・コーラが参加

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:藤本 恭史)は、
Coca-Cola®との、
モバイルゲームおよびeスポーツの分野で初となる革新的な複数年のパートナーシップ契約を発表いたしました

今回の契約によって、急速に拡大を続けるモバイルゲームおよびeスポーツフランチャイズである『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』とWild Rift Esportsは、コカ・コーラと提携し、
プレイヤーやファンと意義のある方法でつながる機会を提供していきます

配信元:合同会社ライアットゲームズ (2022/03/24)
【Wild Rift Esportsで初の公式競技シーズンが開幕】
Wild Rift Esportsはライアットゲームズ初のモバイルeスポーツであり、その最初の競技シーズンが2022年に開幕。
8つの地域が参加し、シーズンの最後にはそれを締めくくる世界大会が開催が予定されています。
世界中のチームが地域トーナメントで競い合い、今夏に開催予定のワイルドリフトの最初の世界大会となる「Wild Rift Icons Global Championship」への出場権獲得を目指します。
世界大会の開催日時および開催地は後日発表されます。

コカ・コーラがライアットゲームズのパートナーとなり、ゲーマーに新しくエキサイティングな体験を提供するのはこれが初めてではありません。
2014年から2016年まで、コカ・コーラは「World Championship(Worlds)」で『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』とタッグを組み、シネマパートナーシップを通して複数の国や地域で大人気となったコレクショングッズをリリースする独自の観戦体験を創出してきました。

コカ・コーラはワールドワイド・ファウンディングパートナーとして、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』およびWild Rift Esportsの両方でユニークなファン体験を共同で作り出します。
また、ワイルドリフトと共同でウィークリーコンテンツなどの独自の報酬や体験を制作してコミュニティーに提供し、ファンを楽しませていく予定です。
パートナーシップの最初の取り組みとして、先日公開されたコカ・コーラのデジタルキャンペーン、「It Must Be Real」では、Wild Rift Esportsのシーンが取り上げられています。

【The Coca-Cola Company Assets, Influencers & Partnerships部門 グローバル・バイスプレジデント Brad Ross氏 コメント】
「モバイルゲームはゲームの未来に欠かせない存在であり、スポーツとエンターテインメントが交わる分野のリーダーであるライアットゲームズと協力できることをとても嬉しく思います、コカ・コーラはLeague of Legends Esportsの初期からのパートナーであり、ゲームが大会やファン精神を通して世界中の人々を団結させる力を持つことをこの目で見てきました。
コカ・コーラはゲーマー の味方となり、選手とファンの両方に高揚感とリフレッシュをお届けしていきます」

【The Coca-Cola Company Coca-Cola Trademark部門グローバルプレジデント Selman Careaga氏 コメント】
「現実世界でもデジタルの世界でも、友人と一緒にその瞬間を楽しむ、人と人がつながる場所には真の魔法が存在すると思っています。
ワイルドリフトのチームと密接に協力しながら、今後数年に渡って新たなコンテンツや体験を世界中のファンに届けていくことを楽しみにしています。」

【ライアットゲームズ Wild Rift Esports グローバルヘッド Leo Faria氏コメント】
「コカ・コーラは、現在世界最大のeスポーツとなっているLeague of Legends Esportsの立ち上げにも協力してくれました。
彼らがWild Rift Esportsにも未来を見出してくれたことをとても嬉しく思います。
このパートナーシップは、私たちのスポーツの基礎となる8つの地域リーグを含む、100以上の国や地域にまたがります。」

【ライアットゲームズ リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト
エグゼクティブプロデューサー Alan Moore氏コメント】
「コカ・コーラと密接に協力し、世界中のあらゆる場所でワイルドリフトのプレイ体験を向上させていくことを楽しみにしています。
彼らの協力のもと、ワイルドリフトに新機能や新コンテンツを追加していくことで、ゲームの内外で新たな可能性が生まれることでしょう」

【リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフトとは】
「ワイルドリフト」は、PC版のリーグ・オブ・レジェンドをスマートフォンでも楽しむことができるよう、一から制作したゲームタイトルです。
本作はペースの速いゲーム展開を採用し、スマートフォンに最適化させた操作方法で、いつでも快適にプレイすることが実現します。
2020年10月のローンチ以降、世界各国で楽しまれています。

ワイルドリフト公式サイト: https://wildrift.leagueoflegends.com/ja-jp/
ワイルドリフト公式Twitter: https://twitter.com/wildriftJP
ワイルドリフトeスポーツ公式Twitter:https://twitter.com/WREsportsJP

【ライアットゲームズとは】
ライアットゲームズは世界でもっともプレイヤーに焦点を当てたゲームの開発、パブリッシング、プレイヤーサポートの提供を目指し、2006年に創設されました。
ライアットは2009年にデビュー作となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、世界中で高い評価を獲得しました。
本作は世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっています。

LoLが誕生から10年を迎えた今、ライアットは本作の進化を続けながらも、プレイヤーに新たなゲーム体験を提供できるよう、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、その他にも複数のタイトルで開発を進めています。
また、音楽やコミックブック、テレビなどのマルチメディアプロジェクトを通して、ルーンテラの世界の探索を続けています。
さらにライアットは、パブリッシングを手掛ける系列会社Riot Forge(ライアットフォージ)を立ち上げました。
Riot Forgeはサードパーティーのデベロッパーと連携し、LoLの世界を舞台にした新たなゲームの開発を行っています。
Riot Forgeにとって第一作目となる『Ruined King: A League of Legends Story』は、Airship Syndicate社を開発に迎えたターン性のロールプレイングゲーム(RPG)となっています。

ブランドン・ベックとマーク・メリルによって創設され、ニコロ・ローレンCEOが率いるライアットは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界20以上の地域に展開されたオフィスで3000人のライアターが働いています。

関連リンク:
ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
Riot Games Japan 公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

【The Coca-Cola Companyについて】
The Coca-Cola Company (NYSE: KO)は総合飲料企業であり、その製品は200以上の国と地域で販売されています。
当社の目的は世界をリフレッシュして前向きな変化をもたらすことです。
世界中の様々な飲料分野で数十億ドルを売り上げる複数のブランドの製品を販売しています。
炭酸飲料の製品ラインナップにはCoca-Cola、Sprite、Fantaなどのブランドが存在する。
また、水分補給、スポーツ飲料、コーヒー、紅茶のブランドにはDasani、smartwater、vitaminwater、Topo Chico、BODYARMOR、Powerade、Costa、Georgia、Gold Peak、Honest、綾鷹などが存在します。
さらに栄養補給、フルーツジュース、乳製品、植物ベース飲料のブランドにはMinute Maid、Simply、innocent、Del Valle、fairlife、AdeSなどがあります。
販売する製品の糖分を低下させたり、革新的な新製品を市場に送り出したり、常に製品ラインナップの変革を続けています。
水資源保護、パッケージのリサイクル、環境に優しい材料調達、当社の価値連鎖における炭素排出量減少を通して人々の生活やコミュニティー、地球にポジティブな影響を与えることを目指しています。
飲料品製造提携企業を含めて、当社は70万人以上の雇用を生み出し、世界中の地域コミュニティーの経済発展に協力しています。

公式サイト:https://www.cocacola.jp/