ニュース

eスポーツとごみ拾いの融合『eスポGOMI 2022 宗像大会』開催!株式会社Life Reversal Gaming.は運営協力として参画します!

株式会社Life Reversal Gaming.(所在地:東京都中央区、代表:髙木 光治)は、
一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーションが2022年10月8日(土)に開催する『eスポGOMI 2022 宗像大会』の運営に協力します

配信元:株式会社Life Reversal Gaming. (2022/09/30)
本大会は、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催されるイベントです。

世界中で問題になっている海洋ごみ問題をより多くの方に知ってもらうために、コンピューターゲームによる競技型スポーツ「eスポーツ」と、ごみ拾い活動にスポーツのエッセンスを加えた社会奉仕活動「スポGOMI」をかけ合わせ、『eスポGOMI』は生まれました。

今、持続可能な社会を実現するために定められた目標「SDGs」を達成するには、世界中がひとつになり、あらゆるジャンルからのアプローチが必要です。
そのアプローチの方法として、若者の共感を最大限に得られる可能性を持つ「eスポーツ」と、スポーツの楽しさを活かした「スポGOMI」を融合させました。
より広い層へのリーチを狙い、環境保全活動を競技化した新しいスポーツに取り組んでまいります。

なお、大会当日にはYouTubeでのオンライン配信を予定しております。会場へお越しいただくことが難しい方は、ぜひご覧ください。

【大会プログラム】
10:00 受付開始
10:30 開会式(主催者挨拶/ルール説明/ 選手宣誓)
10:45 ごみ拾い前半戦
11:15 ゲーム大会(※タイトル:ぷよぷよeスポーツ/ゲーム実況:髙木光治)
12:05 ごみ拾い後半戦(後半戦終了後に計量を実施)
12:50 閉会式/結果発表
13:00 終了

※荒天等による中止の場合は、当日8:00までに下記サイト内でお知らせいたします。
・Twitter 日本スポGOMI連盟【公式】 https://twitter.com/Spogomi2008(@Spogomi2008)
・Twitter 宗像経済新聞 https://twitter.com/munakatakeizai(@munakatakeizai)
・Twitter eスポGOMI開催委員会【公式】https://twitter.com/espogomi(@espogomi)
【イベント概要】
タイトル:eスポGOMI 2022 宗像大会
日  時:2022年10月8日(土) 10:30〜13:00(受付開始 10:00~)
会  場:海の道むなかた館(福岡県宗像市深田588番地)
https://searoad.city.munakata.lg.jp/

アクセス:
<車でお越しの方>
九州自動車道若宮インターから約20分/古賀インターから約25分
<公共交通機関でお越しの方>
JR東郷駅前バス停より、宗像大社経由・神湊波止場または光陽台6丁目行きバス(約20分)、宗像大社前下車

【YouTubeオンライン配信概要】
配信日時:2022年10月8日(土) 10:25〜13:00(開会式は10:30~)
配信チャンネル:スポGOMIチャンネル
配信URL:https://youtu.be/EJP1pTZdK8g(日本財団 海と日本プロジェクト eスポGOMI 2022 宗像大会)

【大会クレジット】
主  催:一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーション
共  催:日本財団 海と日本プロジェクト CHANGE FOR THE BLUE/宗像市
制  作:株式会社Engi
運  営:宗像経済新聞
運営協力:eスポGOMI開催委員会(日本スポGOMI連盟/株式会社Life Reversal Gaming./横濱OneMM)
協  力:海の道むなかた館 他

【スポGOMIについて】
企業や団体が取り組む従来型のごみ拾いに、「スポーツ」のエッセンスを加え、今までの社会奉仕活動を「競技」へと変換させた日本発祥の全く新しいスポーツです。
https://www.spogomi.or.jp/

【株式会社Life Reversal Gaming.について】
本施策において弊社は、日本スポGOMI連盟/横濱OneMMと連携して、ゲームが単なる娯楽ではなく、人と人/人と地域とが繋がるコミュニケーションツールにもなるということや、ごみ拾いの楽しさなどの発信に取り組みます。

株式会社Life Reversal Gaming.は、ゲームを通じて世界中の多様な人々と繋がり、ゲームの未知なる可能性を見出し、社会にとってプラスとなる新たなる価値創りに挑戦し続けます。