ニュース

ソニー・インタラクティブエンタテインメント:eスポーツベッティングプラットフォームの特許を申請

アメリカの特許情報ツールWIPO IP Portalによると
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、
暗号資産・仮想通貨・ゲーム資産・デジタル権利などを利用して
eスポーツでベッティング(賭け)を行うことができる「eスポーツベッティングプラットフォーム」の特許を申請したことが判明

配信元:WIPO IP Portal (2021/05/13)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)が
「E-SPORTS BETTING PLATFORM」の
特許出願は2019年8月11日となっている

掛け金として扱えるものは現金だけでなく、
ゲーム内のアイテム、デジタル著作権、仮想通貨、暗号資産などのNon-Pecuniary(非金銭的)な取引も利用可能とのこと

賭けの内容は、事前に勝敗を予想するだけではなく、
ライブ中継されるeスポーツの試合観戦者がリアルタイムで試合結果などや
特定の時間制限内にキャラクターが殺されるかどうかなどにも賭けることもでき、様々な賭けの方式を想定されている

E-SPORTS BETTING PLATFORMは、PlayStationだけでなく、
Microsoftや任天堂のゲーム機や、パソコン向けの各種OS、VRヘッドセットなど
ネットワークを介してサーバに接続可能な様々なデバイスでも動作可能であるとのこと

E-SPORTS BETTING PLATFORMは、
機械学習と履歴データによって、アクセスするユーザーや、ゲームを分析するアルゴリズムによって、ベッティングオッズが算出される

ベッティングプラットフォームを、ビットコインやその他の仮想通貨デジタルウォレットに接続することで、現金化のプロセスを可能な限りシームレスにすることを目指している