ニュース

⽇本最⼤の⾼校eスポーツの祭典 STAGE:0 2021 過去最⾼、全国1,960校・5,675名の⾼校⽣がエントリー

株式会社テレビ東京(本社︓東京都港区、社⻑︓⽯川⼀郎) 、
株式会社電通(本社︓東京都港区、社⻑︓五⼗嵐博)が開催する、
⽇本最⼤※の⾼校eスポーツの祭典『Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2021』では、
「クラッシュ・ロワイヤル」「フォートナイト」「リーグ・オブ・レジェンド」の3部⾨を合わせたエントリー総数が
全国1,960校、2,234チーム、5,675名に達し、過去3⼤会のうち最多となりました

配信元:STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 実⾏委員会 (2021/06/04)
※ 2015年-2020年 ⾼校⽣のみ(⾼等学校、⾼等専⾨学校、中等教育学校後期課程⼜は特別⽀援学校の⾼等部所属)を対象としたeスポーツ⼤会の参加者数(公表数)の調査に基づく(2021年3⽉15⽇時点)

また、全国の⾼校(2020年度調査︓269校 2021年度調査︓138校)を対象にアンケート調査を⾏い、
「eスポーツを部活動・同好会として学校で取り組んでいる」と回答した学校の割合が昨年に⽐較し2倍近く増加している結果となりました

今年は初めて⼥⼦校のeスポーツ部からもエントリーがあるなど、⾼校⽣のeスポーツシーンがさらに広がりつつあります

【本年度⼤会『STAGE:0 2021』は過去最⾼のエントリー数を達成︕】
⽇本最⼤の⾼校eスポーツの祭典『Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High- School Championship 2021』 における
「クラッシュ・ロワイヤル」「フォートナイト」「リーグ・オブ・レジェンド」の3部⾨を合わせたエントリー総数は、
過去最⾼となる全国1,960校、2,234チーム、5,675名に達しました

<2021年⼤会エントリー総数について(各部⾨内訳)>

【全国の⾼校を対象としたeスポーツに関するアンケート調査を実施】
STAGE:0では、全国の⾼校(2020年度調査︓269校 2021年度調査︓138校)を対象にeスポーツに対する簡易的なアンケート調査を⾏いました

調査の概要、結果は以下のとおりです
<調査結果サマリー>
・「eスポーツを部活動・同好会として学校で取り組んでいる」と回答した学校の割合は、
昨年⽐較で+19.4pt、約2倍に増加

・約4割の学校関係者が、
eスポーツで「集中⼒・瞬発⼒が養われる」「戦略的思考が養われる」「協調性が養われる」と考えている

<調査概要>
2020年度調査  実施期間︓2020年5⽉18⽇〜7⽉17⽇ 実施⽅法︓FAX 対象数︓269校

2021年度調査  実施期間︓2021年4⽉5⽇〜5⽉27⽇ 実施⽅法︓FAX 対象数︓138校

※いずれも全国の⾼等学校(2020年度:4,931校 2021年度:5,152校)に対して⼀⻫にアンケートを配布
うち返信のあった回答のみを集計

<調査結果>
eスポーツを部活動・同好会として取り組んでいる学校は、昨年から約2倍の割合に増加
昨年は「eスポーツを部活動・同好会として学校で取り組んでいる」との回答が2割程度に留まっていましたが、
今年は約4割にまで増加し、全国の学校現場で徐々にeスポーツが広がりつつある傾向が伺えました
約4割の学校関係者が、
eスポーツで「集中⼒・瞬発⼒が養われる」「戦略的思考が養われる」「協調性が養われる」と考えている
(2021年度調査)

また、eスポーツに対するイメージを伺ったところ、
「集中⼒・瞬発⼒が養われる」10.5%、
「戦略的思考が養われる」16.5%、
「協調性が養われる」12.4%と、
合計4割程度の学校関係者がeスポーツを通じた教育的意義を感じられていることがわかりました