ニュース

ライアットゲームズ:クリエイターやストリーマーが配信や動画に無料で使用できるアルバム「Sessions:Vi」を7月3日(金)にリリース

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、
音楽の限界に挑戦することを目的としたレーベルである「Riot Games Music」から、
全37曲を収録したアルバム「Sessions:Vi」を
2021年7月3日(金)にリリースしたことをお知らせします

配信元:合同会社ライアットゲームズ (2021/07/03)
http://sessions.riotgames.com/

全37曲が収録された「Sessions: Vi」は、
Riot Games MusicのSessionsシリーズのファーストアルバムです

Chromonicci、Junior State、Laxcity、Tennysonなど、多くのミュージシャンとのパートナーシップにより開発されました

現在、Spotify、Apple Music、YouTubeなどの主要なストリーミングプラットフォームで聴くことができるほか、
公式サイトではアルバムのダウンロードも可能です

Sessionsシリーズは、クリエイターガイドラインを遵守いただければ、クリエイターやストリーマーは、無料で使用することができます

「RiotGames Music」は、安全に配信でき、無料で使用できる新しい音楽プロジェクトを作ることを約一年前にプレイヤーとクリエイターに約束しました

今回、その約束を守り、クリエイターのコミュニティーをサポートすることを目的にSessionsシリーズを発表しました

今後も、こうした音楽を届けていきますのでご期待ください

【RiotGames Music関連リンク】
<クリエイターガイドライン>
 https://jp.leagueoflegends.com/ja-jp/news/community/riot-music-creator-safe-guidelines/

Twitter https://twitter.com/riotgamesmusic
YouTube https://www.youtube.com/user/riotgamesmusic
Facebook https://www.facebook.com/riotgamesmusic
Instagram https://www.instagram.com/riotgamesmusic/
Tiktok https://www.tiktok.com/@riotgamesmusic/?
【ライアットゲームズについて】
2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより
「世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社」をモットーに2006年に創業。

2009年には、デビュー作[リーグ・オブ・レジェンド(LoL)]をリリースし、
プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。

毎年開催されるLoLの世界大会[リーグ・オブ・レジェンド World Championship(Worlds)]は、
世界最大級のeスポーツイベントとして知られる。

LoL10周年となる2019年に[レジェンド・オブ・ルーンテラ]や
[リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト]など、
新しいタイトルの開発やモバイルプラットフォームへの移植、
さらにオリジナルアニメーションなどを一斉に発表した。

世界20以上のオフィスに2,500人以上のスタッフが在籍
本社はカリフォルニア州ロサンゼルス。(2019年10月現在)

 ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
 Riot Games Japan 公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

-----
(C)Riot Games, Inc.