ニュース

日本初:ネット・ゲーム依存予防回復支援MIRA-i が 地方行政・学校向けのサービスをリリース!

株式会社KENZAN(本社:東京都杉並区、代表取締役:森山育亮)が運営するネット・ゲーム依存予防回復支援[MIRA-i(ミライ)]は、
WEBサイトをリニューアルし、
民間企業として日本初となる『地方行政と学校等』を対象としたインターネット依存症・ゲーム依存症の予防啓発のサービスをリリースした

配信元:株式会社KENZAN (2021/07/15)
これまでは主に10代の子どもがネット依存になって苦しむご家族の相談に対し、回復支援としてカウンセリングサービスを提供していたが、
増加する相談件数を鑑みて、根本的な対策として『予防啓発』を日本中で行うために[顧問アドバイザー・監修][講演会 講師サービス][出張授業・イベント]サービスの提供を開始した

【『MIRA-i(ミライ)』とは】
主に青少年を対象とした、インターネット依存症・ゲーム依存症(ゲーム障害)に専門特化した予防と回復支援の分野で民間企業として日本一信頼できもっとも気軽に相談できるサービスを目指して2019年に設立

全国でもわずかしかいない「インターネット・ゲーム依存の専門心理士」を抱えて、
『インターネット依存から予防・回復できる社会の実現』をビジョンとして掲げ、全国の地方自治体・教育機関等の法人を対象に予防啓発のサービスと、個人を対象とした回復に向けたカウンセリングサービス(オンライン/対面)を提供している

<WEBサイト>
 https://www.mira-i.jp/

【予防啓発サービスをリリースした背景】
2020年4月の1回目の緊急事態宣言以降、休校・ステイホームなどの影響もあり、インターネット依存症・ゲーム依存症のカウンセリングの相談件数は約2倍に増加

コロナ禍が長引けばさらに増加する可能性があり、コロナ禍が終わったとしても、子どもたちがインターネットでSNSや動画、オンラインゲームを長時間使用する生活習慣がつくことで、今後も増え続ける可能性がある

そこで、そもそもネットやゲームに依存しない仕組みを構築することが必須であると考え、全国の地方自治体と学校等の教育機関と協力し、予防啓発を行うためにサービスをリリースした
【『地方行政と学校等』を対象とした予防啓発サービスについて】
新しい予防啓発のサービスは大きく分けて3種類をリリース

<〖1〗講演会 講師サービス>
オンラインまたは現地で、保護者や教職員向けの講演を実施。ネット依存専門心理師が講師となり「子供のインターネットとの上手な付き合い方」について最新の知見とカウンセリング実績に基づいた情報を伝える

<〖2〗出張授業・イベント>
オンラインまたは現地で、小学生、中高校生を中心に、ネット・ゲーム依存の予防教育を目的とした出張授業を実施。ゲームやスマホの危険性について学びながら健康的に付き合っていく方法を考える機会を提供する

<〖3〗顧問アドバイザー・監修>
ネット依存の専門的知見やカウンセリング実践をもとに、顧問アドバイザー契約をし、依存を未然に防ぐための仕組みづくり、設計、コンテンツの監修を行う

<予防サービスの詳細はこちら>
 https://mira-i.jp/corporation/

【カウンセラー採用情報】
現在、MIRA-iでは事業拡大につきネット依存専門カウンセラーとしてお仕事をしていただける方を募集しています

応募要件を満たしていれば応募時点でネット・ゲーム依存専門の知識、経験は必要ありません

意欲のある方は下記詳細をご確認の上、ぜひご応募ください

<募集要項>
 https://mira-i.jp/recruit/

【株式会社KENZANについて】
社名:株式会社KENZAN
所在地:東京都杉並区高円寺北2-29-14 伊藤第二ビル 205号
代表者:代表取締役社長 森山 育亮
設立日:2014年6月26日
主な事業内容:カウンセリング事業、プロダクト事業
会社HP: http://ken-zan.co.jp/
MIRA-i(ミライ)HP: https://www.mira-i.jp