ニュース

ブロックチェーン:アトノイが東京eスポーツゲートが目指す RED゜トークンエコノミー・プロジェクト の実現に向けた支援を開始

株式会社アトノイ(東京都港区、代表取締役 川本 栄介、https://atonoy.co)は、
東京eスポーツゲート株式会社(東京都港区、代表取締役社長 原 康雄、https://tokyo-esports-gate.co.jp)が目指す、
先ごろ発表されたブロックチェーンによる「RED゜トークンエコノミー・プロジェクト」の実現に向けた支援を開始しました。

配信元:株式会社アトノイ (2021/11/15)
株式会社アトノイはブロックチェーン関連の持てる全てのテクノロジーとノウハウを結集して、東京タワー直下のesportsパーク「RED゜TOKYO TOWER」と完全連動するブロックチェーンを活用し、メタバースを視野に入れた「RED゜トークンエコノミー・プロジェクト」を支援します。
アトノイが掲げるコーポレートミッションである「あらゆるモノやコトを個人に帰属させる社会と経済を創造する」が、本プロジェクトを具体化することで良質なユースケースを期待できます。

RED゜トークンエコノミーの中で活動するあらゆるステークホルダーの「アソビの熱量」のアクションを、ブロックチェーンを通じて記録・収集。個人へ帰属したその熱量や貢献に応じて公平な報酬を提供します。
REDトークンを活用してそこにしかない特別な体験を楽しんだり、トークングラフによるユーザー同士の交流を促進したり、今までにない新たな経済圏を構築します。

【RED゜トークンエコノミーに注ぐテクノロジーとノウハウの一例】
<ブロックチェーン>
記録されたデータの真正性を保証できる仕組み。改ざんすることが難しく、分散化されることで データの完全性を担保できる。安心して個人に帰属するデータを残しておくことが可能となった。

<トークングラフ>
トークンの循環によりトークンエコノミー内の全てのステークホルダーの繋がりを見える化する。人と人は誤解なく分かり合えるようになることで、コミュニティ内で最適なマッチングが行われる。今までにない効果的な新しいサービス設計による満足度の高い成功体験が生まれる。

【「RED゜トークンエコノミー・プロジェクト」について】
TOKYO/JAPANのアイコンである東京タワー直下の東京タワーフットタウンビル(1階/3階/4階/5階)に、日本最大規模となるesportsパーク「RED゜TOKYO TOWER(レッド トーキョータワー)」 (https://red-esports.jp/)を2022年4月グランドオープン予定で開発中。

「RED゜トークンエコノミー・プロジェクト」は、同施設と完全連動するデジタルプラットフォームとしてブロックチェーンを活用し、メタバースを視野に入れた新たなesoprts/エンタメ経済圏(トークンエコノミー)となります。

【東京eスポーツゲート株式会社について】
東京eスポーツゲート(TEG)は、TOKYO/JAPANのアイコンである東京タワーを拠点に、esportsを軸としたエンタメ領域でリアル×デジタルがシンクロする事業を展開し、国内のesports市場の拡大を牽引することを目指す。

【株式会社アトノイについて】
株式会社BSMOの子会社として、2021年8月に新設。
「あらゆるモノやコトを個人に帰属させる社会と経済を創造する」と「自律分散型の社会(Decentralized Autonomous Society)を支えるエコシステムを構築する」をミッションとする、ブロックチェーンのテックカンパニー。

【会社概要】
会社名 :株式会社アトノイ
所在地 :東京都港区虎ノ門1-17-1虎ノ門ヒルズビジネスタワー14階
代表者 :川本 栄介
事業内容:
ブロックチェーンを活用した、
・各種設計、研究開発、運営
・コンサルティング
トークンエコノミーの拡大、発展推進
設立年月:2021年8月16日