ニュース

理想の農場をマインクラフトで想像せよ!世界大会「NASEF Farmctaft™ 2022」で、山口県の女子高生チームが世界3位に入賞!

北米教育eスポーツ連盟 日本本部(通称:NASEF JAPAN/ナセフ ジャパン、会長:松原昭博)は、
NASEFと米国国務省ともに、
小学生から高校生までを対象に、
世界の環境・社会変化を踏まえてこれからの未来に適合した理想の農地をMinecraftの中で創るコンテスト「Farmcraft™2022」を開催

世界68カ国、1152チームが参加し、
日本から出場した立修館高等専修学校の「Zangyo SAMURAI Company」が世界3位を獲得

配信元:北米教育eスポーツ連盟 (2022/06/17)
この模様とチャレンジは、7月2日(土)13:00より行われる「NASEF JAPAN eスポーツ国際教育サミット」(https://nasef.jp/sympo2207/))にて、出場生徒及び顧問から発表いただきます。

【山口県 立修館高等専修学校のチームが日本の高校から初出場で世界3位の快挙!】
2022年の開催では68か国、1,152チームが参加し、日本からは4校(山口県 立修館高等専修学校、茨城県 水戸啓明高等学校、北海道 クラーク高等学院札幌大通校、山口県 大島商船高等専門学校)7チームが参加しました。
その中で山口県の立修館高等専修学校のチーム「Zangyo SAMURAI Company」が創意工夫をしながら取り組み続け、3位に入賞しました。

参加時の意気込みでは「私たちのチーム名は諸先輩方のとことん課題に取り組むという姿勢をリスペクトし、先人たちの努力を正しく受け継ぐ心意気(SAMURAI HEART)を大切にしたいという思いを込めました。
日本は古来から季節による気候の変化が大きく、気候や地形に合わせた農業を工夫して行ってきました。
そんな先人たちの気持ちを胸に頑張ります。」という熱い意気込みを語ってもらい、3か月に及ぶ長いチャレンジ期間の中で、すべて英語で理解するという難しい課題に対しても、熱心に取り組み続けました。

「NASEF Farmcraft™ 2022」のチャレンジを通して、英語字幕で動画を作成し、NASEFにプレゼンテーションをおこなったりといった活動もおこなわれ、担当教員からも「英語を話すことや英文を読んだりすることに対して、積極的になり成長を感じられて良い体験でした」というコメントもいただきました。