ニュース

セガが展開する「ぷよぷよ」プロプレイヤーぴぽにあ選手が愛媛県eスポーツテクニカルアドバイザーに就任

株式会社セガ(本社:東京都品川区、代表取締役社長COO:杉野行雄)が展開する対戦アクションパズルゲーム「ぷよぷよ」シリーズのジャパン・eスポーツ・プロライセンス保有選手であるぴぽにあ選手(愛媛県松山市出身)が、
愛媛県よりeスポーツテクニカルアドバイザーに委嘱されたことを発表いたします

配信元:株式会社セガ (2022/08/09)
アドバイザーとしての任期は今年8月から来年3月末となり、期間中ぴぽにあ選手は、愛媛県内の障がい者関連施設利用者を対象とした『ぷよぷよ』のスキル向上に向けた技術指導、県主催のeスポーツ関連イベントへの協力、県内外に向けた情報発信など愛媛県における障がい者eスポーツプレイヤー活動の支援を行います。
また、セガはぴぽにあ選手のアドバイザー活動のサポートを行い、愛媛県が取り組む障がいのある方々がeスポーツシーンに参加しやすい環境づくりに向けた事業のお手伝いをします。

愛媛県では、年齢や性別、障害の垣根なく競い合い、楽しむことができるeスポーツを、障害がある方に重点を置いて推進することで、障害がある方の輝く場や健常者との交流を深める機会を創出し、一層の社会参加を図ることを目指した取り組みを行っています。
セガでは、本事業に協力し、2021年に行われた愛媛県内13の障害者関連施設利用者を対象としたオンラインコーチングの企画、運営を行っております。
また、ぴぽにあ選手も講師として協力しており、今回のアドバイザー就任のきっかけになりました。

『ぷよぷよeスポーツ』ではアクセシビリティの向上を図るべく、色覚多様性に対応した「色ちょうせい」機能のアップデートの実施、障がいがある方も参加しやすい大会運営などにも取り組んでいます。
セガでは事業、及びその関連資産を活用し、ステークホルダーにおけるSDGs達成への一助となるべく取り組みを今後も進めてまいります。

<ぴぽにあ選手プロフィール>
2018年6月ぷよぷよカップで入賞し、JeSU公認プロライセンス取得。これまでセガ公式プロ大会23大会に出場し、64試合45勝(勝率70.3%)。
特にSEASON3(2020年度)は5大会中、優勝4回、準優勝1回と無敵を印象付けた。
セガ公式大会で優勝6回、入賞15回は、いずれも現役プロ選手38人中最多を記録している。

一方で、元システムエンジニアの経歴を活かし、セガが取り組むエデュテイメント活動においても「ぷよぷよプログラミング講座」の講師を精力的にこなし、全国の小中高校に向けたプログラミング授業でも活躍している。
また、障がい者eスポーツの普及にも取り組み、プレイヤーたちの技術向上にむけた講習会の指導などにも積極的に参加している。
プロゲーミングチーム「SBI e-Sports」所属。

【愛媛県  観光スポーツ文化部長 髙岡 哲也氏コメント】
本県出身のぴぽにあ選手に、県事業へ御協力いただけることを大変心強く思います。
障がい者に重点を置いたeスポーツ事業も3年目に入り、県内の障がい者からは、「もっと上達したい」といった技術的な課題をよく耳にするようになりました。
ぴぽにあ選手のサポートにより、eスポーツを実施する障がい者の課題克服やモチベーション向上、更なる交流機会の拡大につながることを期待しています。

【ぴぽにあ選手コメント】
ぷよぷよeスポーツプロプレイヤーを代表して、このような大役をいただき大変光栄に思います。
生まれ育った大好きな愛媛県に、eスポーツを通じて貢献できることを嬉しく思います。
ぷよぷよに限らずeスポーツは、健常者だけでなく障がいのある方々にとっても自己表現を実現できる場だと思います。
国体文化プログラム全国都道府県対抗eスポーツ選手権などで活躍の場も用意されています。
私のスキルを皆さんに共有して、愛媛県から多くのぷよぷよ競技プレイヤーが誕生することを楽しみにしています。

【SBI e-Sports株式会社 代表取締役社長 小谷 雅俊氏コメント】
当チームに所属するプロフェッショナル選手が、今回eスポーツという新たなテーマを通じ、SDGsにおいて定められている目標とも密接に関係する社会貢献活動に携わる機会を頂いたとのこと、大変嬉しく受け止めております。
この取り組みが、多様性を認め合いそれを強みとする共生社会の実現に向けた一助となれば幸甚です。

【一般社団法人日本eスポーツ連合 会長 岡村 秀樹氏コメント】
eスポーツには、年齢や性別、身体的なハンデキャップといった壁を超えて競い合えるという特徴があり、スポーツ興行としてだけではなく、共生社会を実現するための解決策としての側面を持っています。
今回、JeSU公認のプロeスポーツ選手として、ぴぽにあ選手が、このような取り組みに参画することは、eスポーツが多様性の時代の新しいスポーツとして定着するための非常に大きな一歩になると確信しています。
すべての人々が平等で健康に過ごせる社会の実現に向けたeスポーツの活用が、今後も増えていくことを期待しています。

【株式会社セガ 「ぷよぷよ」シリーズ総合プロデューサー 細山田水紀コメント】
ぴぽにあプロの愛媛県eスポーツテクニカルアドバイザー就任おめでとうございます。
ぷよぷよプロプレイヤーが生まれ育った地元を応援したり、障がいのある方々を応援したりする機会があることはとてもうれしく、さらなる盛り上がりや感動体験が生まれることに期待しています。

【<愛媛県のeスポーツの取組みについて>】
eスポーツは、年齢・性別・障がいの垣根なく楽しめることから、愛媛県では、障がい者に重点を置いて推進しており、令和2年度から、障がい者施設等をモデル施設に認定し機器等の貸与等を行うほか、各種イベントの開催など、県内全域の障がい者にeスポーツの輪を広げていく取組みを展開しております。
今年度は、視覚障がい者向けのゲームアプリや重度身体障がい者向けのコントローラーの開発、施設等の機器導入に対する新たな支援など、更なる普及拡大を図っており、今後も障がい者がeスポーツに触れる機会や交流の場を創出することにより、共生社会の実現に努めていきます。

【『ぷよぷよ』について】
「ぷよぷよ」シリーズは、発売から30年以上愛される、国民的落ち物アクションパズルゲームです。
1991年に初代『ぷよぷよ』がMSX2版とファミコンディスクシステム版にて発売され、1992年にはセガよりアーケード版、メガドライブ版を発売。
単純で分かりやすいゲームシステム、可愛らしいキャラクター、さらに落ち物アクションパズルゲームとして初めて対戦形式を導入したゲーム性により、爆発的なヒットを記録しました。
以降、アクションパズルゲームの定番ゲームとして、さまざまなゲーム機や携帯電話、スマートフォンで展開され、年代を問わず幅広い層に遊んでいただき、現在に至っております。
2018年3月にはJeSU(日本eスポーツ連合)公認タイトルとなり、プロ選手も誕生。
eスポーツシーンでも盛り上がりを見せ、現在、多数の競技大会を実施しております。

【セガについて】
https://www.sega.co.jp/
株式会社セガでは家庭用ゲーム機、PC、スマートフォン向けゲームの企画・開発・販売・運営及びアーケード機器の企画・開発・販売を軸に事業を展開するほか、ゲーム事業で培ったノウハウを生かしたデジタルサービスやプライズをはじめとしたキャラクター商品の企画・開発・販売等を行っています。
家庭用ゲーム機、PC、スマートフォン向けゲーム事業においては、日本国内、及び海外のスタジオにて開発したゲームコンテンツを、日本を始め世界各地に置く拠点を通して全世界にご提供しています。
また、アーケードゲーム事業においてはプライズマシン、メダルゲームなど革新的な発想力とそれを具現化する高い開発力により時代を象徴する画期的な製品を多数生み出してきました。
ーーーーーー
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
本文書に記載している情報は、発表日時点のものです。
©SEGA