ニュース

地域課題の解決・地域循環型社会の実現のための技術・ソリューションが集結 「NTTe-City Labo」 オープン

2022 年 5 月 12 日、
東京都調布市に「NTTe-City Labo」がオープンしました

この施設は、現在、NTT 東日本グループが地域課題の解決、地域循環型社会の実現に向け取り組んでいる、
スマート農業、ドローン、e スポーツ、デジタルアートなど様々な分野の最新技術やソリューションを実証・体感できる施設です

配信元:東日本電信電話株式会社 (2022/08/10)
現在取り組んでいる11分野※の技術・ソリューションを体験・見学していただけます
また、展示内容は今後も順次拡充予定です
※自動運転は 2022 年秋に公開予定です

【「NTTe-City Labo」で、現在、見学・体験できる 11 分野】
■ローカル5G オープンラボ (ローカル5G)
ローカル 5G の社会実装に向け、当検証施設を通じてパートナー企業とユースケースの共創に取り組んでいます。
「ギガらく 5G」環境をはじめ、複数メーカー基地局を備えた国内有数のローカル 5G 検証環境です。
地域の課題解決におけるローカル 5G の可能性が体感できます。
ローカル 5G、パブリック 5G、Wi-fi の違いなど、わかりやすく理解いただけます。

■eXeField Labo (e スポーツ)
e スポーツを実際にプレイしながら、e スポーツを使用した、地域の課題に応じた様々な取組みやイベント事例をご覧いただけます。
現在は、高齢者のレクリエーションや、英語の教材としても利用が広がっています。
e スポーツの可能性を体感ください。
*秋葉原にイベント開催や配信スタジオ機能などを備えた最先端 e スポーツ施設もあります。
■ローカル5G 実証ハウス (次世代農業)
ローカル 5G を活用した次世代の営農環境を備えた実証ハウスです。
4K カメラ、スマートグラス、遠隔操縦走行型ロボットなどを用いています。
実際に行われている遠隔営農指導の様子など、最先端技術を導入した新しい農業のカタチを見学できます。
デジタル技術を積極的に活用した食育の一環として、このハウスで収穫したトマトを調布市の小学校に提供しています。

■詐欺対策・防災 (セキュリティ)
特殊詐欺対策のため通話内容を AI が解析し、注意喚起する特殊詐欺対策サービスや、オートコールの技術を用いて災害時に地域一帯へ自動で電話をかけて、AI 音声を流す仕組みを体験できます。
自治体と協力して展開している地域もあります。

■陸上養殖プラント (陸上養殖)
ビジネスベースで世界初となるベニザケ養殖の事業化を目指す、最新の陸上養殖プラントです。
水産資源を持続的に確保する新しい養殖の姿を見ることができます。
福島市で行っている実証プラントをリアルタイムでモニタリングしています。

■都市型バイオガスプラント (再生可能エネルギー)
食品の食べ残しを利用し、メタン発酵により再生エネルギーや液肥を創出する超小型のコンテナ型バイオガスプラントの見学ができます。
省スペースのため、設置場所の確保が困難な都市部や施設の敷地内においても設置可能です。
本施設の見学を通じて、当社が実現を目指す循環型エコシステムの一端をぜひ体感してください。

■ドローン飛行場 (ドローン)
国産の軽量小型ドローンによる、用途に応じたデモ飛行を見学できます。
農業における農薬散布や、小型ドローンによる目標物追尾、カメラと組み合わせた測量や点検など、ドローンの多様な活用方法を体感ください。
農業ドローンは、サブスクリプションでのプランなどもあり、広く活用されています。

■スポーツテック
地域のスポーツ活動を専門家が遠隔で指導する双方向コミュニケーションの様子を紹介します。
技術の向上だけでなく、学校の部活動における指導者不足の課題を解決し、教育現場の働き方改革を支援していきます。
現在は、調布市の中学校と取組み中です。
*本施設は紹介動画でのご案内となります。

■スマートストア (小売 ICT)
AI や IoT などを活用し、省力効率化された無人運営店舗(Grab and GO 型ストア)での購買が体験できます。
新型コロナウイルス感染拡大を背景に人手を介さないオペレーションや購買行動への変化、来店者数の減少による店舗運営が困難といった課題を抱える地域の小売店や社内販売などに活用いただけるソリューションです。

■「Degiatl×北斎」展 in 調布 (文化・芸術)
NTT 東日本グループが提案する「分散型デジタルミュージアム」を体験できる展覧会です。
高精細デジタル化技術を用いた作品をネットワークでデータ伝送することにより、身近な場所での鑑賞が可能になります。
ICC(西新宿)で開催中の「Digital×北斎」展も、ぜひあわせてご覧ください。

■自動運転※
ローカル 5G を通じ遠隔操作される自動運転バス(レベル 4 相当)の施設内走行、施設見学者の乗車体験を予定しています。
2022 年秋に公開を予定しています

【「NTTe-City Labo」今後の展開 】
NTT 東日本グループでは、「NTTe-City Labo」の活用を通じて、人と人、地域と地域をつなぐ新しい体験の場を提供することで、お客さま・パートナー企業とともに地域や産業の DX 化と課題解決、地域循環型社会の実現に向けた取り組みを進めていきます。
今後も施設を拡充していくとともに、宿泊型研修や協業パートナーとの共同研究など活用の幅を広げることで DX 人材の育成や新たなユースケースの創出につなげていくほか、NTT グループが進める IOWN 構想の実証フィルドとしても活用していく考えです。

【施設概要】
■名称:NTTe-City Labo
■住所:〒182-0004 東京都調布市入間町 1-44 NTT 中央研修センタ内
■アクセス:小田急線 成城学園前駅より小田急バス (約 10 分)/ 京王線 仙川駅より徒歩(約 20分)
■見学方法:完全予約制
■見学料金:無料