LoL

RIOT GAMESとNTTドコモが合同記者会見を実施「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」2021シーズンのeスポーツ大会概要を発表!

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO 小宮山 真司)は、
株式会社NTTドコモとの合同記者会見を2021年3月25日(木)に実施

記者会見ではスマートフォン向けアプリの異世界マルチバトル「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」2021シーズンのeスポーツ大会の概要を発表

合同会社ライアットゲームズ パブリッシング統括ディレクター/ワイルドリフト ブランドマネージャー 藤本恭史より、
ライアットゲームズ/ワイルドリフトのご紹介、
続いてリーグ・オブ・レジェンド/Eスポーツ ブランドマネージャー 仲尾周三郎から、
ワイルドリフト eSportsについての説明を行い、
最後にNTTドコモ ビジネスクリエーション部eスポーツビジネス推進担当 担当部長 吉田裕之様より、
2021シーズンのeスポーツ大会の詳細についてご説明があった

公式サイト:https://x-moment.docomo.ne.jp/lol_wildrift/

配信元:合同会社ライアットゲームズ (2021/03/25)
【登壇者コメント抜粋】
<合同会社ライアットゲームズ>
パブリッシング統括ディレクター / ワイルドリフトブランドマネージャー 藤本 恭史
「リーグ・オブ・レジェンドPC版は超競技思考ではありますが、
ワイルドリフトはPC版よりカジュアルに楽しんでいただけます。
ワイルドリフトを通して、モバイルゲームというジャンルにおいては
最高の競技体験を皆さまに味わっていただだきたいと思っております。」

<合同会社ライアットゲームズ>
リーグ・オブ・レジェンド Eスポーツ / ブランドマネージャー 仲尾 周三郎
「ワイルドリフトは4つの競技性エコシステムを用いており、
PRO・SEMI‐PRO・AMATUER・ORGANIZEDに分け、
各レイヤーごとに楽しんでいただけるよう工夫しています
また、2021年はワイルドリフトを通して、
eスポーツの可能性をプレイヤーの皆さまに感じていただき、
2022年、本格的にeスポーツとして伸ばしていきたいと思っています。」

<NTTドコモ>
ビジネスクリエーション部 eスポーツビジネス推進担当 担当部長 吉田裕之
「世界におけるeスポーツのトップランナーの企業の方と、
今回ご一緒させていただき光栄です。
この度、NTTドコモとしましてもモバイルeスポーツを世界に確立させたいという思いがあり、
両者でビジョンが合致したため、
パートナーシップを締結させていただく運びとなりました。」

【大会概要】
・大会名: WILD RIFT INVITATIONAL THE OPENING GAMES
 (ワイルドリフト インビテーショナル ザ オープニングゲームズ)

・開催方法: オンライン

・開催期間: 2021年4月24日(土)

・チーム数: 招待制全8チームを予定

・賞金総額: 150万円

【大会概要】
・大会名: WILD RIFT OPEN TOURNAMENT ALL PLAYER’S RIFT
(ワイルドリフト オープントーナメント オールプレイヤーズリフト)

・開催方法: オンライン

・開催期間: 2021年5月29日(土)、30日(日)、6月5日(土)、6日(日)

・参加制度:オープン制

・賞金総額: 300万円

・募集期間: 2021年4月26日(月)~5月10日(月)

・参加方法: 公式WEBサイトの応募フォームより参加申し込みとなります
  ※応募多数の場合、チーム数を制限する場合がございます

【日本地域大会】
・大会名: 未定

・開催方法: 予選&プレーオフ予選:オンライン

・プレーオフ決勝: オフライン(予定)

・開催期間: 2021年7月~10月

・参加制度: オープン制

・賞金総額: 900万円

・賞品優勝チームは世界大会への出場権を獲得

・参加方法: 詳細決定次第、公式WEBサイトで公開いたします

 ※上記の大会構成は予定です
  新型コロナウイルス感染拡大の状況などにより、変更になる可能性がございます

【ライアットゲームズとは】
2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより
「世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社」をモットーに2006年に創業

2009年には、デビュー作 [リーグ・オブ・レジェンド(LoL)] をリリースし、
プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける

毎年開催されるLoLの世界大会 [リーグ・オブ・レジェンド WorldChampionship(Worlds)]は、
世界最大級のeスポーツイベントとして知られる

LoL10周年となる2019年に [レジェンド・オブ・ルーンテラ] や
[リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト] など、
新しいタイトルの開発やモバイルプラットフォームへの移植、
さらにオリジナルアニメーションなどを一斉に発表した

世界20以上のオフィスに2,500人以上のスタッフが在籍
本社はカリフォルニア州ロサンゼルス(2019年10月現在)

・ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
・公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

【リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフトとは】
「ワイルドリフト」は、
PC版のリーグ・オブ・レジェンドをスマートフォンでも楽しむことができるよう、
一から制作したゲームタイトルです

本作はペースの速いゲーム展開を採用し、
スマートフォンに最適化させた操作方法で、
いつでも快適にプレイすることが実現します

2020年10月のローンチ以降、世界各国で楽しまれています

 ワイルドリフト公式サイト: https://wildrift.leagueoflegends.com/ja-jp/
 ワイルドリフト公式Twitter: https://twitter.com/wildriftJP
 ワイルドリフトeスポーツ公式サイト: https://x-moment.docomo.ne.jp/lol_wildrift/
 ワイルドリフトeスポーツ公式Twitter: https://twitter.com/WREsportsJP

【X-MOMENTとは】
ドコモが運営する、国内のeスポーツのブランドです

「X-MOMENT」では、ゲームタイトルごとのトーナメント大会やリーグを運営しています

ブランド名の由来は、eスポーツの持つ熱狂を共有し、
選手やチーム、ファン、パートナー企業、ゲーム会社が一体となって、
心揺さぶる「瞬間」を「重ねる」ことで熱狂を広げて、
世界レベルの選手を日本から輩出する、という想いを込めています

 公式サイト: https://x-moment.docomo.ne.jp

-----
(C)Riot Games, Inc.