PR広報

国内で最多 eスポーツカフェで地域を繋ぐ 地方のeスポーツプレーヤーに交流の機会を提供

株式会社シティコミュニケーションズ(本社:神奈川県横浜市 / 代表取締役社長:三田 大明)が運営するeスポーツカフェ「e-SPORTS CAFE AIM(イースポーツ カフェ エイム)(以下、「AIM」)」が
2021年6月18日(金)、東京都 池袋・宮城県 仙台市に2店舗オープンいたします

「AIM」は、最新のデバイスと、快適なゲーム環境を提供するeスポーツカフェです

「AIM池袋店」ではオープン初日にメディア向けの内覧会を開催するため、正式な一般開放(通常営業)は6月19日(土)からとなります

今回の出店により東京・宮城・札幌の3店舗となりeスポーツカフェとしては国内最多となります

配信元:株式会社シティコミュニケーションズ (2021/05/11)
【コロナ禍でのeスポーツ事情】
コロナ禍により、自宅で趣味に費やす時間が増えてきています

ゲームに関する動画配信を始める人も多く、ゲーマーたちは今まで以上にゲーム鍛錬に時間を費やしています

「AIM池袋店」には、動画配信用の個室も完備されているため、店内から実況動画を配信する事も可能となっています

密集したイベントが敬遠されていた中、オンライン上で開催可能なeスポーツに関するイベントは、需要も高く注目を集めています

今後「AIM」では、東京・仙台・札幌での店舗間交流会や地域対抗イベントなどを開催いたします

【通信環境などに悩むeスポーツプレイヤーたちを繋ぐ】
通信環境やデバイスの面で苦労しているeスポーツプレイヤーは全国に多くいます

「AIM」は、全国のeスポーツプレイヤーたちが最適な環境で、共通の趣味を持った仲間と繋がることのできる場を創造、提供し、全国展開をしていく事でeスポーツ界を盛り上げたいと考えています

また、全国的に3店舗以上を展開しているeスポーツカフェは「AIM」が初となっています

【eスポーツカフェ「AIM」とは】
「e-SPORTS CAFE AIM」は、2019年にオープンしたeスポーツカフェです

「新しくゲームを始めたい」「より高みを目指したい」「一緒に盛り上がれる仲間が欲しい」といった幅広い層のゲーマー達に向けて、最新のデバイスと、快適なゲーム環境を提供しています

ゲームを純粋に楽しむ事はもちろん、勝利に必要な「ゲーム環境」「仲間」「鍛錬」を提供し、ゲーム内での勝利に導きます

現在は、インターネットカフェ「DiCE」内にて運営中

全国各地への出店計画を進めており、今後は単店としての出店も視野にいれています

【さまざまなイベントの運営を】
「AIM」は、さまざまなeスポーツに関するイベントに携わっており、運営や練習場所の提供などのご依頼なども随時受け付けております

2019年「DiCE札幌狸小路本店」店内にてオープン時にプロゲーマーを招いた記念イベント『DiCE APEX Champion Challenge(DACC)』 を開催

また、社会人アマチュアeスポーツプレイヤーを対象とした、eスポーツリーグ『AFTER 6 LEAGUE』や、
アニマックスe-Sports新規プロジェクト「e-elements(イーエレメンツ)」の主催である『GHS NIGHT』の運営にも携わっています

・A6L公式HP: https://a6l.jp/
・GHS NIGHT 番組HP: https://e-elements.jp/campaign/ghsnight2103/

【店舗概要】
<AIM 札幌店>
席数: オープンタイプ席18席
住所: 北海道札幌市中央区南3条西4丁目12-1 アルシュビル6F-7F DiCE札幌狸小路本店 店内6F
電話: 011-252-7594
交通: 札幌市電狸小路駅より徒歩10秒 地下鉄すすきの駅より徒歩3分

<AIM 仙台店(6月18日オープン)>
席数: オープンタイプ17席
住所: 宮城県仙台市青葉区中央1丁目8-20 ドン・キホーテ仙台駅西口ビル6F-7F DiCE 店内6F
電話: 022-395-7496
交通: 仙台駅より徒歩4分 あおば通駅より徒歩1分

<AIM 池袋店(6月18日オープン メディア内覧会※を開催のため通常営業は6月19日から)>
席数: オープンタイプ17席/配信タイプ1席
設備: ゲーミングプロジェクター、100インチスクリーン、マルチスイッチャー
住所: 東京都豊島区東池袋1丁⽬11-11 ホワイトシティビル2階ー10階 DiCE 店内6F
電話: 03-5944-9202
交通: JR池袋駅東口より徒歩2分

※メディア内覧会についてのお問い合わせ先は直接店舗までお問い合わせください(担当者:橋本)

【利用料金について】
「AIM」の利用料金は、30分300円(税込)から

インターネットカフェ「DiCE」のブース利用料金と同じ形式となっています

「DiCE」の利用料金は各店によって変動し、滞在時間に応じて自動で最適なお時間と料金(パック料金)へ切り替わります

また、週末(金曜/祝前日18:00~日曜/祝日18:00)は週末料金となります

詳しい料金内容については、「DiCE」の各店舗HPでご確認をお願いいたします

 DiCE 池袋店    : https://www.diskcity.co.jp/shop/ikebukuro/

 DiCE 仙台店    : https://www.diskcity.co.jp/shop/sendai/

 DiCE 札幌狸小路本店: https://www.diskcity.co.jp/shop/sapporo/

【ゲーミングデバイスについて】
デバイスパートナーであるLogicool G様の協賛により、最高品質のゲーミングデバイスを常設しております

<ゲーミングマウス>
名称:Logicool G G403 HERO

説明:G403hには、次世代のセンサーであるHERO 25Kが搭載されています

これは、1:1トラッキングと100~25,600の最大DPI感度を誇る極めて高度なセンサー

また、ゼロスムージング、ゼロフィルタリング、ゼロアクセラレーションを実現しました

更に手に自然にフィットする形状と、ホールドし易い素材で出来ており、非常に安定感のあるプレイをサポートします

<ゲーミングキーボード>
名称:Logicool G G512 CARBON リニア

説明:G512rは、GXメカニカルスイッチを採用し、リニア、タクタイル、クリッキーの3つのスイッチからお選びいただける高パフォーマンス・メカニカルキーボードで、DiCEでは人気のリニアキーで揃えました

高度なゲーミング テクノロジーを採用し、アルミ合金構造を持つG512はシンプルかつ丈夫な完全装備のキーボードです

<ゲーミングヘッドセット>
名称:Logicool G PRO X 有線ゲーミングヘッドセット (G-PHS-003)

説明:Blue Vo!ceを搭載した高度なコミュニケーションと正確なオーディオ

プロのためにプロと共同で開発。PRO Xは、eスポーツ界のトップ プロたちと密接にコラボレーションして開発されています

極めて高度な技術と洗練されたデザインが、プレーヤーを勝利へ導きます

<ゲーミングマウスパッド>
名称:Logicool G G240t

説明:低DPI設定でのプレイ中に急激にマウスを動かしたり止めたりするときには、中程度の摩擦抵抗が効力を発揮します

G240では、200℃で熱処理された表面のクロス素材により、低DPIに適したほどよい抵抗感を実現しました

【「AIM池袋店」 店舗設備について】
<プロジェクター完備>
名称:BenQ TH685i ゲーミングプロジェクター

説明:応答速度8.3ms(120Hz動作時)、低入力遅延でスリルあるゲームを体験することができます

また、1080p HDR/HLG対応で、100インチスクリーンに迫力の大画面とディテールを同時に楽しむことができます

【インターネットカフェ「DiCE」】
「DiCE」 は、2000 年より関東を中心に展開しているインターネットカフェです

⾼級感や清潔感などから、多くの⼥性のお客様にもご好評を頂いております

豊富な雑誌・コミック、フリードリンクに加え、季節感を取り入れたソフトクリームや本格コーヒーサーバーなども充実

また、グループ利⽤に最適な完全個室のVIP ルームに加え、ダーツ・カラオケ・VR 等のアミューズメントコンテンツもお楽しみ頂けます

 DiCE公式HP: https://www.diskcity.co.jp/

【会社概要】
会社名:株式会社シティコミュニケーションズ

所在地:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-8 アサヒビル3F

代表者:代表取締役社⻑ 三田 大明
設⽴:1995年12月20日

URL: https://www.city-s.co.jp/

事業内容: 遊び・癒し・寛ぎを提供する総合エンタテインメント企業です

シティコミュニケーションズは国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)を私たちの企業行動につなげ、持続可能な社会の実現に努めております
2021年5月、「かながわSDGsパートナー第5期」に登録いたしました

-----
本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です
本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります