ニュース

プロeスポーツチームSCARZが開催したクリエイターコンテストのグランプリが決定!

川崎を本拠地に活動するeスポーツチーム「SCARZ」運営元の株式会社XENOZ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:友利 洋一)は、
クリエイターコンテストSCARZ Feature(#SZFT)のグランプリが決定したことをお知らせいたします

配信元:株式会社XENOZ (2021/05/06)
受賞作品は、本日より1か月間、SCARZ公式Twitterのヘッダー画像として活用いたします
<Twitter>
https://twitter.com/SCARZ5

【選考プロセス】
・STEP1 応募:48作品が応募
・STEP2 スタッフによる選定:4作品を選定
・STEP3 ファン投票:1,500人以上ファンによる投票:グランプリが決定

【グランプリ作品】
受賞者: Joey.M様
Twitter: https://twitter.com/Jyoemira

<受賞者コメント(一部抜粋)>
「SCARZ」の由来である”傷”この要素をどのように表現するか初めに考えました

そして映画「ジュラシックパーク」のような恐竜の爪痕が頭によぎりました

壁を引っ掻いた爪痕を表現することは名前の由来とあまりにも直接的で、シンプルすぎるものかもしれないとも思いましたが、ロゴの特徴がブラシであったため、背景と同化させることにより、ロゴの特徴を際立たせることができるのではないかと考えました

そこからの作業は順調で爪痕を自作し、実際に使用した際にアイコンと被らないようにスポンサーロゴを配置するために配置を試行錯誤をしました
結果、自分なりに納得のいく作品ができてよかったです
シンプルだけど物寂しくない
そんな作品を自分なりに作ることができたと思っています

<コメント全文はこちらの記事からご覧いただけます>
 https://www.scarz.net/news/szft210506/

<SCARZスタッフからのコメント>
ストリート感のあるデザインで、既存の価値観に捕われずクリエイティブに挑戦するSCARZの価値観を見事に表現して頂きました

「人々の心に爪跡を残し続ける存在」というSCARZの名前の由来もデザインに落とし込まれていて、SCARZスタッフの支持も厚かったデザインです

グランプリ受賞、おめでとうございます!

【準グランプリ作品】
受賞者: Nøah.様
Twitter: https://twitter.com/Re__ar

<受賞者コメント>
SZFT準グランプリありがとうございます

このようなプロチームのコンペに参加したことがなく初めての挑戦でしたが、結果を残せて嬉しいです!

今後はeスポーツデザインのみならず広告やブランディングにも力を入れて行くので興味のある企業様やお客様はお気軽にご連絡下さい🙇‍♂️

<スタッフからのコメント>
SCARZの試合の臨場感と熱気が伝わってくるような作品でした

SCARZロゴの筆の質感を残しつつ、オリジナルのデザインに挑戦頂いたこともスタッフを驚かせていただきました

今回は、惜しくも準グランプリとなってしまいましたが、ぜひまたご応募ください

【今後について】
SCARZは今後も、ファンやクリエイターの皆様との共創企画を開催し、eスポーツコミュニティの発展を目指して参ります

【SCARZとは】
SCARZは、2012年に発足のプロeスポーツチームです

『KEEP IT REAL』というスローガンを掲げ、SCARZと関わる全ての人が本物で在り続けるために、正真正銘のプロフェッショナルとして活動し、夢を追い続けることができる道を共に創っていくことを目指しています

HP: https://www.scarz.net/
Twitter: https://twitter.com/SCARZ5
Facebook: https://www.facebook.com/scarzjpn
Instagram: https://www.instagram.com/scarz_jp/