LoL

リーグ・オブ・レジェンド:世界大会 2021 リーグ・オブ・レジェンド World Championship

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、
PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends、以下:LoL)」の
世界大会「2021 リーグ・オブ・レジェンド World Championship(以下:Worlds 2021)」を
日本時間10月6日(水)から11月7日(日)まで、
アイスランド : レイキャビクの「Laugardalshöll インドアスポーツアリーナ」の新たに改装されたホールAで開催することをお知らせいたします

配信元:合同会社ライアットゲームズ (2021/09/10)
当イベントを主催、運営、出場するすべての人々の健康と安全を確保するため、今回のWorlds 2021は無観客形式での実施が決定しています

関係者の安全を第一に考え、引き続き各保健機関、および地域・国家機関の指導に従い開催いたします

【2021 リーグ・オブ・レジェンド World Championship 大会概要】
開催地: レイキャビク(アイスランド)
会場: Laugardalshöll インドアスポーツアリーナ ホールA

日程: 10月6日~11月7日(日本時間)
プレイイン : 10月6日~10日
グループ : 10月12日~14日、10月16日~19日
準々決勝 : 10月23日~26日
準決勝 : 10月31日~11月1日
決勝 : 11月7日

【2021 リーグ・オブ・レジェンド World Championship 大会形式】
世界各地から全22チームが集結し、「プレイイン」、「グループ」そして「ノックアウト」という3つのステージを勝ち抜いていきます

プレイインステージには全10チームが参加します
<下記リーグの第1シード >
○ ブラジルのCBLoL : RED Canids Kalunga
○ 日本のLJL : DetonatioN FocusMe
○ オセアニアのLCO : PEACE
○ 独立国家共同体のLCL : Unicorns of Love
○ ラテンアメリカのLLA : Infinity Esports
○ トルコのTCL : Galatasaray Esports

<下記リーグの第2シード >
○ 東南アジアのPCS : Beyond Gaming

<下記リーグの第3シード >
○ 北米のLCS : Cloud9

<下記リーグの第4シード >
○ 中国のLPL : LNG Esports
○ 韓国のLCK : Hanwha Life Esports

上記10チームが5チームずつ2つのグループに分かれ、グループステージの4つの参加枠をかけて争います

各チームは同グループ内の他のチームと1回ずつ対戦します

それぞれのグループで1位を獲得したチームはそのままグループステージへと進出、3位と4位のチームはまずBO5形式で対戦し、その勝者が別グループの2位チームと対戦

そこで勝利した2チームがグループステージに進出します

※昨年のWorldsおよびMSI 2021と同様に、VCSの2チームは今回も不参加となります

グループステージにはプレイインを勝ち抜いた4チームと、このステージから新たに加わる以下の12チームの、合計16チームが参加します

<以下の各リーグの上位シード3チーム>
韓国のLCK(DWG KIA、Gen.G、T1)、
中国のLPL(FunPlus Phoenix、EDward Gaming、Royal Never Give Up)、
ヨーロッパのLEC(MAD Lions、Fnatic、Rogue)

<北アメリカのLCSの上位シード2チーム>
100 Thieves, Team Liquid

<東南アジアのPCSの第1シード>
(PSG.Talon Esports)

この16チームが4チームずつ4つのグループに分かれ、各チームは同グループ内の他のチームと2回ずつ対戦

各グループの上位2チームがノックアウトステージへと進出します

ノックアウトステージではここまで勝ち残った全8チームがBO5のシングルイリミネーション(敗者復活なし)形式で準々決勝、準決勝、そして決勝戦を行います

決勝戦では最後に残った2チームがBO5で対戦し、その勝者が晴れて「2021年 リーグ・オブ・レジェンド 世界チャンピオン」の栄冠を手にします

【ライアットゲームズについて】
ライアットゲームズは世界でもっともプレイヤーに焦点を当てたゲームの開発、パブリッシング、プレイヤーサポートの提供を目指し、2006年に創設されました

ライアットは2009年にデビュー作となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、世界中で高い評価を獲得しました

本作は世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっています

LoLが誕生から10年を迎えた今、ライアットは本作の進化を続けながらも、プレイヤーに新たなゲーム体験を提供できるよう、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、その他にも複数のタイトルで開発を進めています

また、音楽やコミックブック、テレビなどのマルチメディアプロジェクトを通して、ルーンテラの世界の探索を続けています

さらにライアットは、パブリッシングを手掛ける系列会社Riot Forge(ライアットフォージ)を立ち上げました

Riot Forgeはサードパーティーのデベロッパーと連携し、LoLの世界を舞台にした新たなゲームの開発を行っています

Riot Forgeにとって第一作目となる『Ruined King: A League of Legends Story』は、Airship Syndicate社を開発に迎えたターン性のロールプレイングゲーム(RPG)となっています

ブランドン・ベックとマーク・メリルによって創設され、ニコロ・ローレンCEOが率いるライアットは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界20以上の地域に展開されたオフィスで3000人のライアターが働いています

<関連リンク>
ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
Riot Games Japan 公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

【リーグ・オブ・レジェンドについて】
2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム

マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う

RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている

世界で最も人気なトーナメントの一つである「World Championship」の2020年の決勝戦では、1分あたりのオンライン平均視聴者数(AMA)が2,180万人に上り、eスポーツ界の最高記録を更新しました

多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている

<関連リンク>
リーグ・オブ・レジェンド公式サイト: http://jp.leagueoflegends.com/
リーグ・オブ・レジェンド公式Twitter: https://twitter.com/loljpofficial