PR広報

ライアットゲームズ:タクティカルFPS VALORANT 新エージェント チェンバーが 登場

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、
タクティカルFPS「VALORANT(ヴァロラント)」において、
EP3 Act III開始から2週間後のパッチ3.10 で、新エージェント「チェンバー」が登場いたします

配信元:合同会社ライアットゲームズ (2021/10/30)
【新エージェント 「チェンバー」】
お洒落も武器も一流の装い。フランスの武器デザイナー「チェンバー」が放つ、致命的な精度の一撃を目撃せよ
特製の武器で相手チームの侵攻を阻み、遠距離から狙い撃て
そして、あらゆる計画に対する完璧な策略をめぐらせろ

<チェンバー 新エージェントトレーラー>
 https://youtu.be/FUoqAn5T4h4

【新エージェント「チェンバー」のアビリティー】
<(E)ランデブー>
テレポートアンカーを2つ設置する。地上でアンカーの範囲内にいる時に再発動すると、別のアンカーに素早くテレポートする
アンカーは回収して再設置可能

<(Q)ヘッドハンター>
発動してヘヴィーピストルを装備する
ADS状態のピストルでオルト射撃する

<(C)トレードマーク>
敵をスキャンするトラップを設置する
視認できる敵が射程内に入るとトラップのカウントダウンが始まり、敵の周囲の地形を不安定にして遅延フィールドを発生させ、その中にいるプレイヤーの動きを遅くする

<(X)ツール・ド・フォース>
直撃すると必殺となる、強力なカスタムスナイパーライフルを召喚する
敵をキルすると遅延フィールドが発生し、その中にいるプレイヤーの動きを遅くする

【新エージェント「チェンバー キャラクタープロデューサー John Goscicki コメント】
<Q. チェンバーを開発する際に目標としたことはなんですか?>
A. まず、センチネルのロールへの異なるアプローチ方法について考えることから始めました
当初は、「身を潜め、キルを取ることでエリアを確保する者」といったアイデアを抱いていました
チェンバーに取り組むにつれ、そのアイデアは「ずらりと並んだ武器でサイトを制圧する人物」へと発展していきました
ロードアウト、ピストル/アルティメット、ガジェットを使い、プレイヤーはエリアを制圧できるはずですが、それらのツールを正確かつ創造的に使えるかはプレイヤーの腕にかかっています

<Q. チェンバーをデザインするにあたって、何からインスピレーションを得ましたか?また、チェンバーで伝えたい重要なコンセプトは何ですか?>
A. いわゆる典型的な「紳士の暗殺者」から多くのインスピレーションを得ました
チェンバーの制作に没頭するにつれ、彼のプレイは致命的な精度を中心に展開することが明らかになり、それはまさに彼のテーマの核心部分でもありました
射程距離、風の向きや強さ、弾薬の種類など、完璧な一撃にはこれらすべての細部に至る精密さが考慮されなければなりません
このような人物は日常生活においても細かい点にこだわるでしょう
例えば服の仕立てや糸の色、靴で全体の印象をどうまとめるかなどについて
完璧な一撃はその外見と同じくらい一分の隙もないものでなければならないのです

【VALORANTについて】
[VALORANT(ヴァロラント)]は、5対5で対戦する競技性の高いタクティカルシューターです

高い精度が要求される銃撃戦と、[エージェント](キャラクター)固有の特殊能力を組み合わせた、
本格派の銃撃戦が特徴で、プレイヤーの戦略的選択や柔軟なアイデア、
そして一瞬のひらめきから生まれるチャンスがチームを勝利に導きます

マップは競技シーンを見据えて設計されており、
何千時間プレイしても常に新鮮な戦いを体験できるような工夫が凝らしてあります

2020年6月にリリースされた[VALORANT]は基本プレイ無料、
世界中のより多くのプレイヤーが楽しめるよう幅広いスペックのPCに対応しています

ライアットゲームズでは、世界各地における最高クラスの専用ゲームサーバーとインフラの整備、
独自開発のチート対策システムなど、タクティカルシューターの競技性を確保し、
FPSジャンルにふさわしいゲーム体験を実現する体制の構築に全力で取り組んでいます

VALORANT公式サイト: https://playvalorant.com/ja-jp/
VALORANT公式Twitter: https://twitter.com/VALORANTjp

【ライアットゲームズについて】
2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより
「世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社」をモットーに2006年に創業

2009年には、デビュー作 [リーグ・オブ・レジェンド(LoL)] をリリースし、
プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける

毎年開催されるLoLの世界大会 [リーグ・オブ・レジェンド WorldChampionship(Worlds)]は、
世界最大級のeスポーツイベントとして知られる

LoL10周年となる2019年に [レジェンド・オブ・ルーンテラ] や
[リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト] など、
新しいタイトルの開発やモバイルプラットフォームへの移植、
さらにオリジナルアニメーションなどを一斉に発表した

世界20以上のオフィスに2,500人以上のスタッフが在籍
本社はカリフォルニア州ロサンゼルス(2019年10月現在)

・ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
・公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan
-----
(C)Riot Games, Inc.