ニュース

合同会社ライアットゲームズ 社長/CEOの交代のお知らせ

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木)は、
社長/CEOの小宮山 真司がRiot Games Services PTE. LTD. アジアパシフィックオフィスのカントリーマネージメントディレクター就任に伴い、
本日付けでパブリッシング統括部 統括ディレクターの藤本恭史が、新たに社長/CEOに就任することをお知らせします

配信元:合同会社ライアットゲームズ (2022/02/21)
藤本恭史は、2018年3月にパブリッシング統括部 統括ディレクターとして入社したのち、「リーグ・オブ・レジェンド」をはじめとしたRiot Gamesが提供する全てのゲームタイトルの日本市場に向けたマーケティング活動を責任者として推進してきました。

【藤本恭史 プロフィール】
氏名:藤本恭史(ふじもと やすし)

略歴:国内 IT 企業でのフィールドエンジニアを経て、1998年11月よりマイクロソフト(現 日本マイクロソフト)に入社したのち業務執行役員 Windows 本部長及びセントラルマーケティング本部長、2015年7月からはペイパルにおけるマーケティング統括等を歴任。
2018年3月より 合同会社ライアットゲームズにパブリッシング統括ディレクターとして入社。
2022年2月21日付けで社長/CEOに就任。

【ライアットゲームズとは】
ライアットゲームズは世界でもっともプレイヤーに焦点を当てたゲームの開発、パブリッシング、プレイヤーサポートの提供を目指し、2006年に創設されました。ライアットは2009年にデビュー作となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、世界中で高い評価を獲得しました。
本作は世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっています。

LoLが誕生から10年を迎えた今、ライアットは本作の進化を続けながらも、プレイヤーに新たなゲーム体験を提供できるよう、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、その他にも複数のタイトルで開発を進めています。
また、音楽やコミックブック、テレビなどのマルチメディアプロジェクトを通して、ルーンテラの世界の探索を続けています。
さらにライアットは、パブリッシングを手掛ける系列会社Riot Forge(ライアットフォージ)を立ち上げました。
Riot Forgeはサードパーティーのデベロッパーと連携し、LoLの世界を舞台にした新たなゲームの開発を行っています。
Riot Forgeにとって第一作目となる『Ruined King: A League of Legends Story』は、Airship Syndicate社を開発に迎えたターン性のロールプレイングゲーム(RPG)となっています。

ブランドン・ベックとマーク・メリルによって創設され、ニコロ・ローレンCEOが率いるライアットは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界20以上の地域に展開されたオフィスで3000人の従業員が働いています。

ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
ライアットゲームズ公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan