広報PR

e-sports特化のNFTマーケットプレイス展開を目指す 株式会社nap 設立のお知らせ

2022年3月1日、
e-sports特化のNFTマーケットプレイス展開を目指す、株式会社nap(本社:東京都新宿区、代表取締役:藤野 慎平)を設立いたしました

URL: https://nap-inc.jp

配信元:株式会社nap (2022/03/16)
【株式会社napについて】
イノベーションの力でe-sportsの未来を創るスタートアップです。

戦う者、場を創る者、そして応援する者

わたしたちは、関わる人全てを”プレイヤー”として定義し、
「e-sportsのエコシステムを創る」
をミッションに、”プレイヤー”が相乗効果を生み出す仕組みを創っていきます。

【設立に至った背景】
国内外の企業・界隈の努力により、e-sportsの市場規模は年々拡大しております。
2021年において世界のe-sports市場規模は10億ドルを突破した上、今後16.1%のCAGR(年平均成長率)で推移し、2026年には25.6億ドルに到達すると予測されています。(※1)

現在叫ばれている問題として、e-sportsの収益構造の偏りが挙げられます。
全体の中でスポンサーシップの割合が大きく、2021年では約60%を占める結果となりました。(※2)
出典 Newzoo

収益の多くをスポンサー収入に頼ってしまう構造は、チーム財政の安定性や市場の成長といった観点で危ぶまれています。

この問題を解決するため、わたしたちはブロックチェーンとNFTを活用し、収益源の多様化を実現します。

e-sportsが持つポテンシャルは、人々の想像を凌駕していると信じています。
それを最大限発揮させるため、業界に革新を起こします。
そして誰しもが誇りをもって、”プレイヤー”として熱狂できる世界を実現します。

※1
Global E-Sports Market Report 2022 – Market Forecast, Trends And Strategies
-The Business Research Company

※2
Global Esports Market per Revenue Stream
-NEWZOO

【e-sports特化 NFTマーケットプレイスについて】
チームが独自のNFTを制作し、世界に向けて販売できるプラットフォームです。
現在は企画段階にあり、2022年第2四半期中のリリースを目指しています。
<特徴 (予定)>
1. プロチームの収益機会の増加
ブロックチェーンの技術を活用することで、チームは販売したNFTについて、永続的に二次収益を享受することができる。
二次収益は、ユーザー間で当該NFTの売買が行われた際に発生する。

2. コレクション機能
自分が所持するNFTをコレクションとして世界中の人々に公開可能。
まるでゲーム部屋の壁を飾るように、NFTアートを展示することができる。

3. ファンアートによる応援
認定されたユーザーは、自身が応援するチームのファンアートを出品可能。
それらが売れた時、自動的に当該チームに収益を分配することができる。
各種投げ銭機能とは違った、新しい応援のカタチとなる。

【代表メッセージ】
代表取締役 藤野 慎平

e-sportsとはElectronic Sportsの略で、ゲームを単なる娯楽ではなくスポーツ競技として捉えた時にこのように呼ばれます。
スポーツである以上、そこには全てを懸けて戦う選手、チーム、スポンサー、大会を開催する組織、そしてそれらを応援するファンがいます。

私は幼い頃からゲームに親しんでおりましたが、e-sportsに出会ったのは大学生の時でした。
世界大会決勝の映像を観て、「なんて面白いエンターテインメントなんだ!」と感動したのを覚えています。

e-sportsに関わる全ての人たちが幸せになって欲しい。

わたしたちは、”プレイヤー”の相乗効果を生み出す仕組みを創っていきます。
そして、e-sportsのメジャースポーツ化を加速させていきます。

【お知らせ】
NFTマーケットプレイスの開発を全速力で進めていきます。

また、創業に伴いメンバーを募集しています。
少しでもご興味がある方、話を聞いてみたい方はご気軽にお問い合わせください。

e-sports関係者様、NFT関係者様のお問い合わせもお待ちしております。

【会社概要】
名称    : 株式会社nap (英語表記 nap Inc.)
所在地   : 東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6F
設立    : 2022年3月1日
代表取締役 : 藤野 慎平
URL    : https://nap-inc.jp

<事業内容>
・ブロックチェーンを活用したサービスの提供
・eスポーツに関するサービスの提供
・インターネットを利用した各種コンテンツの企画、提案、制作及び運用