PR広報

リーグ・オブ・レジェンド:161体目の新チャンピオン「ニーラ:放たれし喜び」がパッチ12.13にて実装されることを発表

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO: 藤本 恭史)は、
PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」(League of Legends)において、
161体目となる新しいチャンピオン、
古の脅威からサモナーズリフトを守る「ニーラ:放たれし喜び」をパッチ12.13より実装されることを発表いたします

配信元:合同会社ライアットゲームズ (2022/06/23)
【新チャンピオン「ニーラ:放たれし喜び」】
<チャンピオントレーラー>
 https://youtu.be/iOE7Wmcs-m4

“私は神話の強大な悪と戦う。そして歌の中で永遠に生き続ける”

ボットレーンの近接攻撃スカーミッシャーであるニーラは、自身の近くでプラスの効果があるスキルが使用されると自身と味方を強化し、注目の的となり、味方を集めて敵チームを壊滅させる。

ニーラは決してひるむことなく歓喜の表情を浮かべながら壮大な冒険に挑む探求者で、永きにわたって封印されていた喜びの悪魔の力を使って悪を正す。
大いなる邪悪を倒すことで知られる伝説の英雄団に誓いを立てた禁欲的な戦士だ。
彼女はこの悪魔と自身を結びつけた儀式で取り交わされた厳しい掟を守っており、その力は悪魔の牢獄となっている聖なる湖から流れ、光り輝き揺らめく水となって現れる。
ニーラは国の内部にいるヴィエゴを封印した者を探す冒険の旅をしている最中だったが、さらに大きな脅威の復活が迫っていることを感じ、この旧世界の神話と対峙する覚悟でいる。
それは彼女にしかできないことだ。

【「ニーラ:放たれし喜び」スキル紹介】
<固有スキル – 終わりなき喜び>
自身の周囲にいる味方の体力回復およびシールドスキルを強化する。
味方がニーラに体力回復またはシールド効果を付与すると、その味方も体力回復またはシールド効果を獲得する。
また、味方チャンピオンがニーラの近くで自身に体力回復またはシールド効果を付与すると、ニーラも体力回復またはシールド効果を獲得する。

ニーラが敵ミニオンからラストヒットを取ると、自身および最も近くにいる味方チャンピオン1体が通常の共有経験値に加えて、共有したことで得られなかった経験値の半分を獲得する。
<Q – 形なき刃>
発動効果:直線上を攻撃して、命中したすべての敵にダメージを与える。敵に命中すると、少しの間だけ自身の射程距離と攻撃速度が増加し、通常攻撃が強化される。強化通常攻撃では扇状の範囲をなぎ払い、追加ダメージを与える。

自動効果:チャンピオンに対する通常攻撃とスキルのダメージが、対象の物理防御の一定割合を無視し、ニーラは与えたダメージの一定割合にあたる体力を回復する。
この効果はクリティカル率に応じて増加し、余剰の回復量はシールドに変換される。

<W – 歓喜のヴェール>
「歓喜のヴェール」に身を包み、少しの間だけ移動速度が増加し、受ける魔法ダメージが軽減され、あらゆる通常攻撃を回避する。

味方チャンピオンに触れると、その味方もヴェールの中に隠すことができる。ただし、味方が受ける効果時間はニーラよりも短くなる。

<E – 流撃>
対象のユニットを通り過ぎるようにダッシュする。ダッシュによる移動距離は常に一定で、接触したすべての敵にダメージを与える。
このスキルは2回までチャージできる。

「流撃」中に「形なき刃(Q)」を発動すると、通り道に波が発生する。
この波は一瞬遅れてダメージを与え、「形なき刃」の強化通常攻撃の効果を付与する。

<R – アポテオシス>
力の波動を放出して、自身の周囲を鞭で攻撃する。また、最後の衝撃波で敵を中心に向かって引き寄せる。

自身は「アポテオシス」によって与えたダメージの一定割合にあたる体力を回復し、余剰の回復量はシールドに変換される。
この効果はクリティカル率に応じて増加し、周囲の味方にも付与される。

※スキル名や効果は実装までに変更される可能性があります。

【リーグ・オブ・レジェンドについて】
2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。
RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship(WCS)」は視聴者数9,960万人を記録するなど大きな注目を集める。
多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている

関連リンク:
リーグ・オブ・レジェンド公式サイト: http://jp.leagueoflegends.com/
リーグ・オブ・レジェンド公式Twitter: https://twitter.com/loljpofficial

【ライアットゲームズとは】
ライアットゲームズは世界でもっともプレイヤーに焦点を当てたゲームの開発、パブリッシング、プレイヤーサポートの提供を目指し、2006年に創設されました。
ライアットは2009年にデビュー作となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、世界中で高い評価を獲得しました。
本作は世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっています。

LoLが誕生から10年を迎えた今、ライアットは本作の進化を続けながらも、プレイヤーに新たなゲーム体験を提供できるよう、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、その他にも複数のタイトルで開発を進めています。
また、音楽やコミックブック、テレビなどのマルチメディアプロジェクトを通して、ルーンテラの世界の探索を続けています。
さらにライアットは、パブリッシングを手掛ける系列会社Riot Forge(ライアットフォージ)を立ち上げました。
Riot Forgeはサードパーティーのデベロッパーと連携し、LoLの世界を舞台にした新たなゲームの開発を行っています。
Riot Forgeにとって第一作目となる『Ruined King: A League of Legends Story』は、Airship Syndicate社を開発に迎えたターン性のロールプレイングゲーム(RPG)となっています。
ブランドン・ベックとマーク・メリルによって創設され、ニコロ・ローレンCEOが率いるライアットは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界20以上の地域に展開されたオフィスで3000人の従業員が働いています。

ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
Riot Games Japan 公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan