企業情報

社会人eスポーツリーグのseason 3の参加企業受付を開始

株式会社ディスクシティエンタテインメント(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社⻑:三⽥ 大明)は、
2022年9月~2023年2月に開催される「AFTER 6 LEAGUE™」の実行委員として携わります

また、当社で運営しているeスポーツカフェ「AIM(エイム)」は「AFTER 6 LEAGUE™」の運営に協力いたします

配信元:株式会社シティコミュニケーションズ (2022/06/30)
凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴)、株式会社CARTA COMMUNICATIONS(本社:東京都中央区、代表取締役社長:目黒 拓、以下 CCI)は、社会人eスポーツプレイヤーを対象にした「AFTER 6 LEAGUE™」 season 3の参加企業の受付を開始いたします。

凸版印刷、電通、CCIは、企業によるeスポーツ活動を活性化させ、eスポーツをきっかけとした企業間交流の機会創出を実現するため、社会人eスポーツプレイヤーを対象としたリーグ「AFTER 6 LEAGUE™」を2020年7月に設立しました。

2020年10月からスタートした「AFTER 6 LEAGUE™」は2021年のseason 2を経て、2年間で延べ138チーム、860名が出場しました。

3年目となる今年度は、「AFTER 6 LEAGUE™」 season 3として2022年9月~2023年2月に実施します。
season 3では、「リーグ・オブ・レジェンド」「APEX LEGENDS」「PUBG MOBILE」の3部門で最大121社の募集を行います。
あわせて、社会人へのeスポーツ文化の形成に関心があり、「AFTER 6 LEAGUE™」を共に支援するスポンサーの募集も同時に開始します。

また、リーグタイトルとは別のタイトルを使用した単発大会も、今年度中に複数タイトルで開催する予定です。

【「AFTER 6 LEAGUE™」の概要】
「AFTER 6 LEAGUE™」は、企業に所属するeスポーツプレイヤーを対象としたリーグ戦を通じて、「競争」と「絆」を創出する場を提供することを目指して設立されました。
「たたかう、つながる。」をコンセプトに、eスポーツを通じて、これまで接点がなかった企業同士がぶつかり合い、闘うことで生まれる絆や、つながりの創出を支援します。

また、リーグ戦を実施するゲームタイトルは個人戦ではなく、チーム戦・団体戦のタイトルを採用します。
これにより、チーム内外の交流を促進し、eスポーツを通じた参加企業のコミュニティ形成を目指します。

これまで、事後に行った出場企業アンケートでは、「『AFTER 6 LEAGUE™』に出場したことで社内でのコミュニケーションが増えた」という回答が全体の8割、『企業間の交流が増えた』という回答も約6割となり、本リーグが企業内・企業間交流に役立っているという声が寄せられています。

【実施予定タイトル】
社会人eスポーツリーグの参加企業受付として、以下3タイトルで最大121社の募集受付を開始しました。
社会人リーグ開催期間は2022年9月から2023年2月末までで、タイトルごとに時期をずらして実施予定です。

・「リーグ・オブ・レジェンド」: 12社募集、2部リーグ制、シーズン45試合実施予定

・「APEX LEGENDS」: 61社募集、3グループ制、シーズン30試合実施予定

・「PUBG MOBILE」:48社募集、3部リーグ制、シーズン54試合実施予定

【単発大会の開催】
さらに、リーグタイトルとは別のタイトルを使用した単発大会を2022年12月以降に複数タイトルで開催することで、社会人eスポーツの裾野を拡げていくことを目指します。

【スピンオフ大会の開催】
「AFTER 6 LEAGUE™」ブランドを活用し、様々な企業・団体とのコラボレーションによるスピンオフ大会の開催も今年度中に計画しています。

【テレビ放送について】
J:COMテレビで年内に「AFTER 6 LEAGUE™」のドキュメンタリー番組を放送予定です。

【今後の目標】
「AFTER 6 LEAGUE™」は今後も国内における社会人eスポーツ文化の発展と、eスポーツを通じた企業間交流・ビジネスマッチングを推進し、社会人スポーツの一つの選択肢として、eスポーツが根付くことを目指します。

【「AFTER 6 LEAGUE™」公式サイト】
(登録申し込みサイト)
 URL: https://a6l.jp

【「AFTER 6 LEAGUE™」 season 3 アンバサダー】
(50音順)
・倉持由香
・野々宮ミカ
・yunocy
【AFTER 6 LEAGUE™実行委員会】
・凸版印刷株式会社
・株式会社電通
・株式会社CARTA COMMUNICATIONS
・株式会社エスティーエーグループ
・eS-League
・株式会社ディスクシティエンタテインメント

【e-SPORTS CAFE AIM】
「e-SPORTS CAFE AIM」は、株式会社ディスクシティエンタテインメントが2019年にオープンしたeスポーツカフェです。
「新しくゲームを始めたい」「より高みを目指したい」「⼀緒に盛り上がれる仲間が欲しい」といったゲーマー達に向けて、最新のデバイスと、快適なゲーム環境を提供しています。
ゲームを純粋に楽しむ事はもちろん、勝利に必要な「ゲーム環境」「仲間」 「鍛錬」を ゲーム内での勝利に導きます。
現在、東京・仙台・札幌にて運営中。本格的なeスポーツカフェとしては国内最多となっています。
今後も全国各地を繋ぐeスポーツカフェとして随時展開中。

≪公式HP https://www.diskcity.co.jp/shop/game/

「AIM」は良質な通信環境、ハイスペックPCを取り揃えています。
大手デバイスメーカーとのコラボレーションブースを設置。
全てのデバイスを最高水準で取り揃えたゲーミングブースを提供し、オンラインゲームの環境にもこだわって営業しています。
大手デバイスメーカーからデバイスサポートを受ける事で、各メーカーと共にeスポーツ業界を盛り上げています。

さまざまなイベントの企画・運営を
「AIMCUP」の主催、プロゲーマーを招いた記念イベントの開催、高等学校のeスポーツコース受講の場として提供するなど、「AIM」は、さまざまなeスポーツに関するイベントに携わっており、運営や練習場所の提供などのご依頼なども随時受け付けております。
◆AIM 札幌店
席数:オープンタイプ席18席
住所:北海道札幌市中央区南3条西4丁目12-1
アルシュビル6F-7F DiCE札幌狸小路本店 店内6F
交通:札幌市電狸小路駅より徒歩10秒
   地下鉄すすきの駅より徒歩3分

◆AIM 仙台店
席数:オープンタイプ17席
住所:宮城県仙台市青葉区中央1丁目8-20
ドン・キホーテ仙台駅西口ビル6F-7F DiCE 店内6F
交通:仙台駅より徒歩4分 あおば通駅より徒歩1分
快適な通信環境や最新のデバイスを提供する事で、東北のe スポーツプレイヤーたちが共通の趣味を持った仲間と繋がることのできる機会を創出いたします。

◆AIM 池袋店
席数:オープンタイプ17席/配信タイプ1席
設備:ゲーミングプロジェクター、100インチスクリーン、マルチスイッチャー
住所:東京都豊島区東池袋1丁⽬11-11 ホワイトシティビル2階ー10階 DiCE 店内6F
交通:JR池袋駅東口より徒歩2分

オープン時には札幌・仙台・各メーカーなどをオンライン上で繋いだ大規模な内覧会を開催。
現在は、飛鳥未来きずな高等学校池袋キャンパスにおいて2022年度より開講したeスポーツコースの授業の場として使用されるなど、さまざまな場面で利用されています。

マルチスイッチャーなども完備された配信用個室を設置。
100インチの大型スクリーンもあり、ゲーム画面を大画面に流しながらeスポーツに関するAIM主催のイベントを開催が可能です。

【会社概要】
会社名: 株式会社ディスクシティエンタテインメント
所在地: 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町 3-33-8 アサヒビル 3F
代表者: 代表取締役社⻑ 三⽥ 大明
事業内容:インターネットカフェ「DiCE」、eスポーツカフェ「e-SPORTS CAFE AIM」、フィットネスクラブ「AC FITNESS」の企画・運営。
ーーーーー
* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。